犯罪じゃないけど、ちょっとマナー違反?!サラリーマンが実践する節約術

節約

サラリーマンの皆さん、お金のことで悩んだことはありませんか?給料日前には残高不足、節約しようと思ってもなかなか上手くいかない、という方も多いはずです。でも、ここでちょっとした“マナー違反”な節約術を紹介します!犯罪じゃないけど、少しグレーゾーンな方法を使えば、意外とお金を節約することができますよ。実際に私自身も使っている裏ワザもあるので、ぜひ試してみてください。

1. 食事編

まずは食事編から。お昼に外で食べる方、多いですよね。でも、実はそのお店の店員さんにとっては、サラリーマンが来ることで1人当たりの売り上げがあがります。なので、ほとんどのお店では、サラリーマン向けのセットメニューが用意されています。

ここで裏ワザを紹介します。実は、普通のメニューとセットメニューを比べると、値段があまり変わらないことが多いんです。なので、普通のメニューを注文して、おかずだけセットメニューから選ぶのです。これで、大体200円以上は節約できますよ!

2. パスタとスパゲッティを入れ替える

次に紹介するのは、食材を使ったちょっとマナー違反な節約術です。パスタとスパゲッティは形状は似ていますが、パスタの方が少し高価な傾向があります。そこで、パスタとスパゲッティを入れ替えることで節約する方法があります。味や食感にはそれほど差がないため、ぜひ試してみてください。

3. 飲み会のときはつまみを作って持参する

最後に紹介するのは、飲み会のちょっとマナー違反な節約術です。飲み会のとき、お店でつまみを頼むとかなり高額になってしまいます。そこで、自分でつまみを作って持参することで、かなりの節約が可能です。例えば、塩豆や自家製ポテトチップスなど、簡単に作れるものを用意して持参しましょう。また、場合によっては、ワンドリンク制のお店を選ぶとより節約できるかもしれません。

4. まとめ

今回は、「犯罪ではないけど、ちょっとマナー違反な節約術」というテーマで、3つのちょっとずるい節約術を紹介しました。これらの方法は、普段の生活に取り入れるだけで、簡単に節約ができるものばかりです。ぜひ参考にして、賢く節約生活を楽しんでください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました