投資信託で気を付けること3選!初心者必見の裏技を公開!

投資

お金に関する知識が身についてきた今日この頃、多くの人が「投資信託」に興味を持っていることでしょう。一方で、投資にはそれなりのリスクが伴うため、初めて投資信託を購入する場合には、何を気を付けたらいいのか分からないという人もいるはずです。

そこで今回は、「投資信託で気を付けること3選」をご紹介します。これらの注意点を押さえて、初心者でも安心して投資信託を選ぶことができます。さらに、裏技も紹介するので、最後まで読んでくださいね!

運用成績だけで選ばない

初めて投資信託を選ぶ際、多くの人は運用成績を重視する傾向があります。確かに、運用成績はとても重要ですが、それだけを基準に選ぶと、失敗する可能性が高くなります。

理由は簡単です。運用成績が良いと言われる投資信託は、すでに値上がりしている可能性があるからです。そのため、過去の運用成績にとらわれず、将来性やその投資信託が保有している銘柄など、総合的に判断することが大切です。

分散投資を意識すること

分散投資とは、複数の投資商品に分散させることで、リスクを分散することを言います。投資信託は株式や債券など、異なる種類の商品を組み合わせたものが多いため、一つの商品に偏らず、分散投資を行うことが大切です。これによって、一つの商品で大きな損失を被るリスクを軽減することができます。また、分散投資を行うことで、運用成績のばらつきも緩和することができます。

投資信託を始める前に、自分の投資目的に合った商品を選び、投資先を分散させることを意識しましょう。運用期間が長い場合には、株式中心の商品に投資することもできますが、短期間で利益を上げることを目的としている場合には、債券中心の商品に投資することも必要です。自分の投資目的に合わせた商品選びを行い、分散投資を意識して投資をすることが大切です。

長期投資をする

投資信託は、長期的な運用を前提にしています。運用期間が短いと、株価の変動によって損失を出す可能性が高くなります。そのため、運用期間は5年以上、10年以上の長期的な運用を目指すことが重要です。また、長期的な運用によって複利効果が発生し、資産形成が加速されることも期待できます。

裏技:デイトレードを行う

デイトレードとは、株価の日々の変動を狙って、短期的な取引を行うことです。投資信託においても、デイトレードを行うことができます。
たとえば、朝のニュースで株価が急騰するといった情報があった場合、その銘柄の投資信託に資金を投入し、株価が上がったらすぐに売ることで利益を得ることができます。これにより、短期的な利益を得ることができるため、長期的な運用に比べて収益率を高めることができます。

ただし、デイトレードは市場の変動に敏感に反応する必要があるため、その分リスクも高くなります。また、日々の株価変動を追い続けることは大変なため、時間や労力をかける必要があります。この方法は、投資初心者にはおすすめしません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました